Life is Live! / fumy.jp / FUMIYUKI BEPPU OFFICIAL WEB SITE
  • twitter
  • Facebook
  • Instagram
  • YouTube
  • RSS
Library

Gent-Wevelgem 2006

2度目の出場となるGent-Wevelgem。2006年に出場したレポートを掲載。

2006年4月7日 Gent-Wevelgem(UCI ProTour)210km

レース当日はとってもいい天気だった。 先週レース(E3 HARELBEKE)の落車の傷もだいぶよくなった。マルセイユに戻ってからは練習を積んだので結構調子がよかった。

レースは平坦基調で終盤石畳の登りを2周回する感じのレース。
レースがスタートしてから最初の逃げを作るために激しく動いたがなかなか決まらなくそのままレースが進んだ。

途中ブルージュ近くの北の海に出たときに、レースがはじまり一列棒状になった。
でも、そんなにきつくなくて先頭で集団のスピードをみんなで上げた 。

実はこの状態だと先頭で走ったほうが楽!
いつの間にか、集団が真っ二つになる。ただ、これは作戦。

そして、しばらくチームの無線通り動いて、ジョージのために先頭を引いた。
石畳の登りの前の位置取り争いで、激しく争ってうまく先頭でコーナーを回ってジョージは先頭で通過できた。

僕も前の方で登れた。
そして、危ないって言われてた石畳の下りも何もなく通過できた。

もう一回同じ周回に入ったときに5人の選手が前を先行したために監督のディレクが追えとのゴーサイン!を無線でだした。

この時少し後ろにいて一列のところを頑張って走って前に上がって先頭に立った。
ホワイティと自分とステインで先頭を走って前を追った。

そして、二度目の石畳前もジョージをサポートできて、自分も前の方でコーナーを曲がれたけど、登りでスルスル落ちていって、石畳の所でもスルスル落ちていった。。

そこで登っている最中、集中はしてたけど、やけに色んな声が聞こえてきた。
ベルギーの人やいろんな人が僕に向かって声をかけてくれていた。
その数がとんでもない数だった!

地元では「ボーネン!」「ニコ!(マッタン)」とかの応援はよく聞くけど、こんなにも自分にも声をかけてくれるなんてと聞きながら、一歩一歩石畳ののぼりを登り切った。
その後ろで、ホワイティも辛そうに登っていたので背中を押してあげた。

そして、石畳のくだりを下って平坦の立ち上がりのところで遅れてしまって、後ろからきた集団にも置いていかれてしまった。
詰めが甘かった。

すごい余裕で走っていたら、一気に離れてしまった。
でも、足にはまだ余裕があったから一人で追っていた。

残り25kmのところで、突然バイクのおじさんが近づいてきてこっちを向く。
「何?」ってそっちを向いたらバイクの人が手を出した。

自分は「止まって!」の合図かと思って止まったら「えーっとボトルくれるかな?」だって!!

「はぁなんだよそれ!」まだ追いついたかも知れなかったのに。。
気分が一気に冷めて鳥肌がたった。。

それにゴールまでそんな長くなかったから走りたかった。。
それで気分悪いままレースを終えてしまった。

ゴール後、憂鬱だったけどホテルに帰ったら色んな人が声をかけてくれた。

リクイガスの中野さんも「頑張ってたね!」って声をかけてくれたし、チームの監督、メカ、マッサーが「GOOD JOB!」って言ってくれた。
ジョージもありがとう!って言ってくれたし、ちょっと嬉しかった!
でも、完走くらいできたレースだから自分的にはちょっと情けなかったかな...。

まぁこれをバネにしてまた次に頑張ろうと思う。

コメント

Facebookの別府史之オフィシャルページも「いいね!」して共有しよう!

コメントする

Life is Live!
BLUEFORT